生活 育児

おもちゃの与えすぎは子供に良くないという研究結果が。でも与えなさすぎも良くない!

2019/09/08

子供の集中力・想像力にはオモチャの数が影響している

アメリカ合衆国オハイオ州のトレド大学が18~30ヶ月の36名の乳幼児たちを使った実験があります。

内容は、子供たちに、16つのおもちゃがある部屋、4つのおもちゃがある部屋と二つのグループに分けて90分間遊ばせました。
結果、4つのおもちゃで遊んだグループの方が1つのおもちゃで遊ぶ時間が2倍長くなりました。

遊ぶ時間が長くなったということは子供の集中する時間が長くなり、1つのおもちゃでさまざまな遊びを考えることで創造性が増したのです。
おもちゃが少ない環境で育った子供の方が創造性と集中力が上がり、よりクリエイティビティが高くなったという研究結果でした。

Hassan's memo
オモチャの「数」も大事だけど、「さまざまな遊びを考えだしやすいオモチャ」であることも大事なんだと思った!
色んな遊び方のサンプルを見せてあげられる人がいると、なお良いのかも?

この結果により、研究員たちは与えるおもちゃの数を制限させるべきだと結論付けました。

でも一旦立ち止まって考えてみよう!

私はこの研究結果を聞いて、以下の点で、鵜呑みにして与えなさすぎもどうなのかなと思いました。
・実験人数が少ない
・対象年齢の幅が狭く、対象より幼いor年上の場合はどうか分からない

貧乏だからおもちゃを買い与えないのと、教育方針で買い与えないのとは別だと思います。
欲しいという欲求を抑えてる状態での与えなさすぎは、大人になってからの反動で爆買いになる可能性を秘めています・・。
私の場合は紙です。
小さい頃、よく絵を描く子供だったので、常に紙が足りない。父は会社で使わなくなった重い紙をわざわざ持って帰ってくれてました。
それでも紙がなくて親にねだっても買ってもらえず、チラシの裏を糊づけで合わせた自作ノートを母に作ってもらってました。
チラシの種類によってはツルツルで鉛筆が色濃く出なかったり、糊づけだから端の部分は鉛筆がうまく通らなくてベシャベシャになったりと、上手く描けない。
子供の絵って一枚にかける時間が短くて凄く消耗が激しいんですよね。真っ白な紙に描くことが快感というか。
だからまだ余白あって描けるからそこに描きなさいって言われても納得いかなかった。余白も含めて絵だからね。親はそこんとこ分かってない。

Hassan's memo
同じように、余白があることナコチに指摘したことあります。
線をただ一本描いただけなのに、新しい紙を求められて、ついね。
「余白も含めて絵!」なるほどなー。
直線一本が44億円!?バーネット・ニューマンの絵が超高額で落札

私の紙が欲しいという要求に付き合ってたら金額がバカにならない・・・という理由で買わなかったんだと思いますが、他のおもちゃを買うお金を紙に費やしてくれれば良かったのにと思います。
良い子が唯一ねだってるものが「紙」ですよ?
紙と子供の絵をバカにしすぎです。当時の私は不満が凄かったです。独創性もなく絵も下手くそなのはそのせいなんじゃないかと思う。(人のせいにしすぎ問題)
親に創意工夫してもらっていたけれど当時の私にとって紙が足りなくて描けないことが非常に辛く、今現在も紙が無いという恐怖をおそれるあまり、常に家の中に新品の紙類が複数ないと不安になる体質になりました。
(他にも幼馴染の男の子がアニメを見せてもらえない厳しい家庭で育ったためか今では重度のアニメ収集家に・・)

Hassan's memo
今はタブレットなどを使えばデジタルでも絵もかけるから、紙代すら削減できちゃうね。
けれど、やはりデジタルのスクリーンは視力への影響が気になる。
それに、紙だとそのまま額縁に入れたりできるのもいいかも!
【ママ安心して】スマホ育児はメリットだらけ。4点だけ気を付けよう。

与えすぎもダメだし、与えなさすぎもダメ、要は程度だと思います。
私は面倒くさがりなので導線を簡略化して片付けも楽にしたいので極力物を減らしたい人ですが、それを子供に押し付けるのは違うかなと思っていたので割と買い与えていました。特にこれからは友達との共通の話題としておもちゃは良いコミュニケーションツールになると思うので何でもかんでも買い与えなさすぎも良くないと思ってます。
でも与えすぎも良くないということなので増えすぎたおもちゃの山を整理することにしました。

捨てるボックスを横に置きながらナコチに聞きながらやった結果残ったもの。

  • 絵本
  • ぬいぐるみ
  • 積み木
  • 車の乗り物
  • タブレット
  • お絵かきできる道具(机、紙、色鉛筆など)
  • 電子キーボード(演奏は頼まれたら私も参加)

めっちゃ減った。ナコチは捨てることに躊躇いがない。
捨てるボックスにお人形がぶちこまれたので、綺麗にすればまだまだ使えるよ?ママ綺麗にするよ?としつこく食い下がりましたが、ナコチがいらないと言ったのでなくなく捨てました。

色々なおもちゃを与えて気付いたことは結局お絵かきと演奏に終着してしまったこと。親の影響が出てしまっている?
どっちも無限に遊べるからね。私が教えられるという利点もあってか、おもちゃ無くてもナコチたちは全く困ってませんでした。家の中もスッキリ。
おもちゃ売り場で欲しいといって買ったものも結局遊んでなかったりしてたのでまだまだ一時の感情で言ってるのかなーと思いました。

ちゃんと「これが欲しい!」というものを買ってあげられたらいいな。まだ小さいし何が欲しいかわからないか。

おすすめのおもちゃ

それならママが代わりに探してきてあげよう! 今回買ったおもちゃはこちら。


片付ける手間がなくて良い!と思って購入。
ナコチはちょっと遊んでポイ(泣)
ママが1人で遊ぶ。キリン。

説明書。

その後、マシューが一生懸命遊んでくれました。ええ子や。

 

-生活, 育児

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ