アニメレビュー

ゴブリンスレイヤーをレビューします。

2019/01/26

1話で切るのはよろしくないかも。

アマゾンプライムでもみれます。ダークファンタジーもの。
1話がレイプされてて嫌悪を持つ方は見なくていいと思います。
とはいえ、最初だけでそれ以降露骨な描写はありません。漫画と比べるとかなりマイルドになっていました。全てを視聴していない人がサービスシーンだの、レイプものだの作品を悪く言わんでほしい。特に1話しかみてないのにレビューするのはアニメを作った人たちに失礼だと思う。

気になる点。

本来ゴブリンはオスしかいなくて他種族を繁殖の道具にする以上、冒険者でも万が一を考えて女性はゴブリンに近づくべきではありません。もし掴まって繁殖でもされたらゴブリンの手助けをすることになってしまいますから。

ゴブリンに村を襲われ娘が攫われたことも
新米の冒険者たちがゴブリン退治に赴き全滅してしまったことも
助け出された娘たちが慰み者にされたことを儚んで神殿に入ったことも
仲間を失った冒険者が故郷に引きこもったことも
何もかもこの世界ではよくある話だ
(第一話より引用)

よくある話なのになぜ、冒険者たちはゴブリンを舐めてかかり、知識もないのか。
ゴブリンの描写しかこのストーリーにはないので他の種族や世界情勢がどうなっているのかの全体像が把握できないので定かではありません。
が、ゴブリンのことに手がまわらぬほどに脅威の存在が多くいるということなのでしょう。よく人間たちは生き残っていますね。まぁ手が回らないからこそ、知識の共有は推して知るべき所です。
冒険者がゴブリンスレイヤーをバカにするのも、強いモンスターを狩ることを名誉として考える、暴慢でバカが多いということで私の心の中で丸く収めました。
ゴブリンスレイヤーは吟遊詩人により名前を轟かせてはいるようなので、市民たちにとっては有り難い存在であることは間違いないです。

漫画は絵もすごく上手いし演出も含めてアニメより好きです。

-アニメレビュー

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ