0ヶ月から6ヶ月 実録子育て

赤ちゃんは手伝うと不機嫌になる?気の強いナコチ。

2016/11/03

ナコチが授乳クッションの上で、うつ伏せになっている状態でも記事を書いているリルです。
一心不乱に叫びながらうつ伏せになる姿は、松岡修造にも劣らぬ熱さ(パッション)が宿っていると言っても過言ではないでしょう。
抱いてて汗をかくほど肉体的にも熱い。
今回はそんなナコチの近況報告です。

内弁慶で気が強い

家の中ではかなり激しく「やぁーーーーーー!」と叫んでいたりするナコチですが、私と同じく内弁慶です。
初めての場所や慣れていない所では基本的に無言。
おとなしいです。
今まで実家でもおとなしかったのですが、ここ最近慣れたせいか徐々に軽く体を動かしたり、少し声を出すほどの元気さが見られるようになりました。
そこで母がいうには私が小さかった頃と比べるとかなり元気が良いらしく(といっても母が見てる元気さは本来の半分も出てないが)、「気が強そう」と言うのです。
スーパーで地べたに座り込んで泣きじゃくるようなタイプになるか・・・なんてかなり具体的なシチュエーションでタイプを指定してきました。

うーん、確かにこんなにうるさい子初めてだし、そうなる可能性はあるかもしれない。

自分でやりたい!

ある日、私が見てない間ハッサンにナコチを見てもらってました。
その後、大泣きしていたので何があったのか聞いてみました。
ナコチがうつ伏せになった時、片方の手が胸下に隠れていたので前に出してあげたハッサン。
それがナコチにとって嫌だったみたいです。
手を前に出すまでの一連の流れを自分でやりたかったらしく、手伝った事で泣いてしまったようなのです。
そういうわけで、一度仰向けに戻し、自分でうつ伏せから手を出すまでをやらせてみたら、泣き止みました。
ここ最近はうつ伏せもこなれてきていたので、私は泣いたりするまでは見守る事にしていました。
なので「手伝うと泣く」事は私もその時初めて知りました。
img330
優しい人ほどつい出来る事も手伝ってあげちゃうと思います。
特に乳児のする事は何でも危なっかしく見えるし。
でもこんな乳児でも、自分でするチャンスを奪われたと思って怒るんだからやっても良い事は尊重してあげないといけないなぁと思いました。
本当に「子供の成長は早い」。(まさかこんなテンプレなフレーズを使う事になるとは・・・。)

母娘バトル勃発の予感

母いわく、「リルはハッキリ言うタイプだし絶対喧嘩になるわ」と心配してました。
けれど私としては気が小さくてビクビクされるよりは気が強いくらいが丁度良いと思ってます。
仮に喧嘩しても近くに実家があって避難できるから環境もバッチリ。
私は親から距離を置くことが出来る別荘のような空間を子供の頃にとても憧れてました。
いや~プチ家出できるって素晴らしい。

私の部屋使っていいよ~とナコチに言うとハッサンが
「なんて良い親なんだ!」
と皮肉ってました。

-0ヶ月から6ヶ月, 実録子育て
-,

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ