妊娠そして出産

赤ちゃんの肌が黄色い!その真相は?

2016/09/13  著者:リル

こんにちは、リルです。

ナコチは産まれてからしばらく、かなり肌の色が濃いというか、黄色がかっていました(●´ω`●)

ということで今回は、その理由についてお話します。

理由は新生児黄疸
私もハッサンも肌の色は決して濃くないので、「一体誰に似たんだろう?」なんて思ってました。
気になって調べてみたところ、新生児黄疸というものがあるそうです。

新生児黄疸とは、全身の肌や白眼の部分が薄い黄色になる症状で、約90%の新生児に現れる生理現象なのだそうです。

どうして新生児黄疸になるの?

お腹の中の赤ちゃんの血液には赤血球が大量に含まれています。
その後、不要になった赤血球が、ビリルビンという黄色い色素に変わるため、赤ちゃんの体が黄色くなってしまいます。
1~2週間で自然に治る症状だそうです。

母乳が症状を長引かせることも
母乳に含まれる女性ホルモンが、肝臓の酵素の働きを弱めてしまい、ビリルビンの処理が遅れてしまうそうです。
これを母乳性黄疸といって、2週間以上続くことがあります。
ですがこちらも、いずれは消えていく症状なので心配する必要はないそうです。

今現在のナコチの肌はだいぶ白くなってます。
でも夏のお出かけでちょっとだけ日焼けしたかな?
img242

-妊娠そして出産

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ