6ヶ月から12ヶ月(1歳) 実録子育て

お風呂場でも離れたくないナコチ&楽な服装

img423

※今回の報告内容は、ハッサン編集遅れの為、だいぶ前の話になります。

"ママのママ"とお風呂

今回ナコチは実家で母とお風呂に入ってもらいました。
ナコチを受け取るのは私リルが担当します。

呼び出しボタンがあるので、音が鳴ったらバスタオルを持って迎えにいくつもりだったのですが、しばらくたっても呼び出しがなかったので様子を見に行く事にしました。
母とナコチはちょうど湯船につかっていました。
初めて一緒に入るということもあって念入りにナコチを洗ってくれていたようです。
ナコチは途中からグズグズしていたけれど泣かなかったとのこと。

大丈夫なことを確認した私はそっとドアを閉めると、その瞬間に泣き出してしまう。
チラっと開けると泣き止むナコチ。
私がいないと泣いてしまうようになってしまった。
フライングで覗いたことがいけなかったみたい。
仕方ないので早めに湯船から出てもらいました。
母にはまたナコチとお風呂に入ってもらう機会はあるのでその時は覗かないようにします。

脱がせやすい服が良い

服をそろそろ上下セットも買ってみようと思い購入。
長袖ロンパースの上にレギンスを履かせてみました。
お腹が出てしまう心配があるのでまだまだロンパースは手放せません。
しかし、まだずり這いもするのでいつの間にか足先が見えなくなるまで下がってしまう。
頻繁ではないのでズレた時は戻しています。

私はどちらかというとおむつを替える時、ボタン付きのカバーオールよりもレギンスはズボンおろすだけでいいので楽です。
もっと楽なのはロンパース+レッグウォーマーですね。
レッグウォーマーは膝のサポート代わりになるので夏でも天竺素材のレッグウォーマーを付けていました。

オムツ替えも、新生児の時と比べたら溜めてする事が出来るようになったので頻度もずいぶん減りました。
そういう事もあって、今はおむつ替えのスピーディーさよりもおしゃれを優先する傾向になってます。

-6ヶ月から12ヶ月(1歳), 実録子育て
-,

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ