情報まとめて提供

食育で解決!幼児期の好き嫌い・むら食い・行儀が悪い

好き嫌いが多い

そもそも幼児期の味覚は敏感

人間の舌には、味蕾(みらい)と呼ばれる味を感じ取るセンサーがあり、子供は大人よりもその数が何倍も多いのです。
30~40代になると、味蕾の数は幼児期の約1/3にまで減ってしまいます。
つまり、味蕾の数が多く味覚が敏感な幼児期に好き嫌いが多いのは、当然のことと言えます。

大人になったら食べれるようになる

年齢を重ねるにつれて味蕾の数が減っていけば、食べられなかったものが食べられるようになります。
だから、「どーせ、そのうち食べられるようになる」と気楽に考え焦らないでいましょう。
無理に食べさせても、ストレスになって体に毒です。

でも栄養面が心配

栄養のことが心配になるかもしれませんが、果たしてその心配に合理性はあるでしょうか。
ピーマンが食べられない、にんじんが食べられない、そんなことがそこまで問題でしょうか。
ピーマンによって得られるはずだった栄養といっても全体から見たら微々たるものですし、どうしても摂取したいなら別の食材から補えば良いです。
みかんの皮の白い筋の部分に栄養があるからといって、真っ白のまま食べる人がいます。
栄養素はあるかもしれませんが、量的には微々たるものでしょう。
口に筋が残る気持ち悪い感じとか苦味を味わうくらいなら、そんな少しの栄養は犠牲にして、美味しく頂きたいです。

あまり量を食べてくれない(少食)

たとえ少しでも「食べた」という事実を認めましょう。
無理やり食べさせないようにしましょう。
お腹が空けば嫌でも食べます。
人それぞれ適正な量があるはず。

立ったりし、座って食べない

決まった場所から動いてウロウロしたら、ご馳走様にしてしまいましょう。
「他所に動いたら食事を下げられる」ということを学習します。
そうすれば、きちんと座って食べてくれます。
自分の行動とその結果が関連性を学ぶことが大事です。

お行儀が悪い

目の前にいる親がモデルです。
まず親が正しい姿勢を保ち、綺麗に食べます。
そうすれば、子供は親を真似して行儀も良くなります。

 

-情報まとめて提供

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ