ゲーム攻略レビュー その他のゲーム

各キラーのアドオンやパーク&トロフィー全取得に向けての解説など(アプデ2.1.0~2.1.1時点)

2018/08/25

ハントレスとナースのトロフィー獲りたい!

PS4ではオーリックセルがまだ販売されていないのでクラウンは購入していません。
それ以外のキラーのトロフィーはほとんど取得できましたが、ハントレスとナースのトロフィーはまだ取れていません。
練習も必要なので頑張ろうという気持ちを込めて絵を描きました。仲良しハントレスナース。

各キラーの個人的評価

デッドバイデイライトのキラーの難易度設定は当てにならない・・・。
というわけで個人的評価をしたので、参考程度にどうぞ。

初心者はサバイバーを見つけるのが大変だったりするので、自前の索敵のしやすいキラーは初心者向けだと思います。
索敵がしやすくなるパークを揃えたり、自身の索敵に自信がある方は自力のあるキラーをおすすめします。
自力というのはパークなしの状態の本人の強さを査定したもの。
強いアドオンがあれば自力の弱いキラーでも補うことが出来るので、惜しまず使いましょう。

クルクル回っている近距離サバイバーを当てる時はやや視点を低くすると殴る時にサバイバーを見失わずにすみます。
サバイバーの下半身を見る感じです。

フレディ(索敵:簡単、自力:弱い、強いアドオン:クラス写真)

透明人間でサバイバーには全く見えず心音も聞こえません。足音(草が動く音)や歌で近くにいるのを判断しないといけません。
夢に引き込まないと攻撃ができないのだが、7秒かかる。

慣れてる人だと夢に引き込んでも発電機から手を離さずに修理完了してからスプバでダッシュで逃げたりする。
かといえばトーテムの破壊も妨害できない。7秒の間に板まで走ることも出来るし、救助も妨害できない。

標的を見失っても夢から覚めていなければ遠くにいても位置が赤く表示されて分かりやすい。

夢から覚める方法は発電機や治療のスキルチェックに失敗すること。
特に仲間からの夢から覚まさせる行為は5秒と引き込むより早い。せめて同じ秒数にしてくれ。
そのため、丹精こめて複数を夢に引き込んでも追いかけてなければすぐに目を覚ましてしまう。しゅん・・・。
一分一秒を争うので、この攻撃できない時間というのがなんとももどかしい。

ピッグ(索敵:普通、自力:普通、強いアドオン:アマンダの手紙)

屈み状態は心音0で移動できるので相手の意表をつくことが出来るが、足が遅くなるのと、視界が低くなるので索敵がやや大変。
屈み状態から奇襲攻撃ができる。一撃死ではないのでミスするとロスになるのでやや使いにくい。
障害物や死角を使って相手が気付かない状態で狙うと良い。私はこの足が遅くなるのがだるくてほとんど走ってます。
逆トラバサミを付けた人は解除場所に向かうので、索敵が比較的楽です。
逆トラバサミを付けていれば脱出ゲートが開いても解除するまで逃げられない(逃げたら死亡する)ので後半に設置すると逃がさないマンになれて結構楽しい。
ただし、ハッチからは逆トラバサミが付いていても脱出できる。
1回の試合で逆トラバサミ取り付けるのにアドオンなしで4回までなので最低30試合以上ピッグを使う必要があります。凄い時間かかった。

レイス(索敵:まぁまぁ簡単、自力:普通、強いアドオン:全能視、暴風)

フレディより使いやすく初心者におすすめのキラー。フレディ同様、透明人間で心音も聞こえませんが、レイスはうっすら見えるため、サバイバーの視界に入らないように移動することを推奨。
透明状態は足が速いのでこの状態で移動して、発見次第解除して一発殴り、また透明化して近づいてから解除して殴る。という戦い方をしていました。なので「飛びかかる恐怖」のトロフィーもすぐ取れました。
透明→解除→殴る という一連の流れからチェイスが若干長引くこともありますが、強いアドオンが多いので最強になれる力を秘めています。

おすすめパークは「弄ばれる獲物」。透明になることで逃がしたことになるので効率よくポイントを溜めることが出来ます。
それとアプデで強化された「最後のお楽しみ」で執念者以外を攻撃してポイントを溜めれば硬直時間も短くなって良いです。
今でも十分使えるレイスですが、今後さらに強化される予定(アドオンなしでも透明解除後の速度の上昇、透明化中のライト耐性の強化、アドオンの変更)らしいので楽しみですね。

カニバル(索敵:普通、自力:普通、強いアドオン:絶品のチリ)

自身の固有パーク「バーベキュー&チリ」が索敵、BP稼ぎに非常に優秀であらゆるキラーにおすすめです。ぜひディーチャブルパークを取っておきましょう。
チェーンソーで一撃で倒せます。範囲攻撃なので複数のサバイバーを同時に狩る事も可能なので、地下吊りの救助サバイバーを一気に狩れる。
カニバルが地下吊りして距離を離していなければ救助は諦めたほうが良いでしょう・・・。それくらい凶悪です。
限定的な空間に関してはめっぽう強いカニバルくんですが、石や狭い所など窓移動など障害物のある所でグルグルされると上手く当てるのは難しいです。
障害物にあたるとスタン状態になって大体見失うので確実に当てる技術が必要です。

一撃必殺も出来て移動も早くなるヒルビリーくんと比べるとどうしても見劣りしてしまいます・・・。

マイケル(索敵:レベル1簡単、レベル2まぁまぁ簡単、自力:普通、強いアドオン:髪の毛、墓石)

レベル1の心音範囲は6m。こっそり後ろから近づいて注視しましょう。
レベル2の心音範囲は16m。他のキラーと比べると心音範囲は狭いので索敵は比較的楽な方です。

このレベル1からレベル2に上げるまでの速さが肝になってきそうです。
サバイバー4人のうち視認させてくれる人がいるかどうかで、その試合の難易度が劇的に変わります。
マイケルの視界を切るという逃げ方をしないサバイバーは有り難いですね。
レベル3の心音範囲は32m。ようやくその他のキラーの心音範囲と同じになり、且つ一撃で倒せます。
ここぞという時に発動しましょう。

トロフィーの「邪悪の化身」はアドオン「ジュディスの墓石」、「いい香りのする髪の毛」でレベル3にして攻撃キーでメメント発動しましょう。(通称:立ちメメ)
溜め攻撃してしまうと殺害にならないので、R2の殺害という文字が下に出るくらいちゃんと近づいてからボタンを押しましょう。

これより少しレア度の低い「墓石の欠片」と「髪の毛の房」でも立ちメメが出来ますが、「墓石の欠片」は1人に使うとレベル2に戻ってしまうので、全員を立ちメメで殺すならおすすめしません。
確実に殺すためにも「いい香りのする髪の毛」でレベル3を永続にしましょう。
どちらもウルトラレアと貴重なアドオンなので「黒の魔除け」のオファリングを付けて失うのを予防するのも良いでしょう。
移動速度が遅くなるのでパーク「弄ばれる獲物」が効果が発揮します。殺害は攻撃に含まれないため3ポイント溜めれば永続して足が速くなります。
這いずりが出来ないので最後の1人がどうしても運ゲーになってしまう。気長に頑張りましょう。

トロフィーの為にウルトラレアを集めるだけでレベル50になってしまったこともあり、マイケルはこれからも使っていく予定です。

アドオン「ジュエリーボックス」と「傷ついた鏡」でパーク「観察&虐待」を付けると心音0で角待ち奇襲が出来て楽しいです。「化粧鏡」でも心音範囲は狭いので奇襲できます。

ドクター(索敵:めちゃめちゃ簡単、自力:強い、強いアドオン:メモ、玉虫色のキング)

初心者はまずドクターをやれと言わんばかりの索敵のしやすさ。サバイバーにとっては嫌がらせ以外の何者でもない。
板や窓越えをさせないための電撃攻撃で、妨害が出来ます。足は速くないのでチェイスが長引いてしまうのがデメリット。

トロフィー「ショッキングな療法」は合計500回ショック療法攻撃を当てるというもので、まめに当ててはいましたが500回と数が多かったので時間がかかりました。

トラッパー(索敵:普通、自力:普通、強いアドオン:血まみれのコイル、虹色の石)

累計トロフィーが10人と最も簡単なので、3つの固有パークトロフィーに苦戦したこともあり、同時に取得しました。
どこに罠を設置するか、毎回考えるのが楽しいです。
ただ、罠のセッティングに時間がかかることもあって、うまくいかないと全然吊れずに終わってしまうことがあります。

アップデートで罠を仕掛けるのが速くなったのと、アドオンが強化されたのでウルトラレアを装備したトラッパーは弱点が無いと言っていいほど凶悪に強くなりました。
「虹色の石」によって解除されても20秒ごとにランダムに閉じたトラバサミが1つ自動的に設置してくれるので、設置しなおす必要が無くなりました。しかもこの自動は拾っていないトラバサミにも発動されるので、自分が設置していない罠にかかるという現象も起こります。意外と自分が設置するよりランダムに配置されたものの方が意表を突いてかかりやすいのかも。

「血まみれのコイル」によって解除することでサバイバーを負傷状態に出来るようになったので、強ポジから少し離れた分かりにくい所に設置する必要がなく、堂々と置くことが出来ました。

どちらもウルトラレアなので貴重なアドオンではありますが、それを補う余りある強さを手に入れることが出来るのでトラッパー使いはぜひ入手しましょう。何も考えなくても倒せます。

ハグ(索敵:まぁまぁ簡単、自力:弱かったが、アプデで普通レベルに、強いアドオン:ミント柄のぼろきれ)

足が遅い。ミント柄のぼろきれはテレポートが無制限に出来る優れもの。ただし、誤爆に注意。
トラッパーと同じくこちらもアップデートで罠の設置速度が速くなりました。指が摩擦で磨り減ってんじゃないかという速さです。罠のテレポート範囲も32mから40mに拡大されました。
強化が入ったことで以前よりずっと使いやすくなりました。

トロフィー「平等な罰」では切断したサバイバーがいても試合中一度でもそのサバイバーにテレポートして攻撃していればカウントはしてくれるようなので無事に取得できました。

ハントレス(索敵:難しい、自力:強い、強いアドオン:玉虫色の刃、花のバブーシュカ、ドジョウツナギの編み紐)

鼻歌の聴こえる距離が45mと範囲が広く、音の位置も分かるため、容易に隠れる隙を与えてしまう。
そのため、自力の索敵能力が必要になってくる。

手斧が強い。
チャージはそれなりに必要だが、投げた後の復帰が早く、距離が離れることがない。一発目は手斧で当てるのが基本。
やってみれば分かるが当てることが非常に難しい。

トロフィーの「凄腕の女ハンター」は合計100回、24メートルを越える距離から負傷状態のサバイバーをハチェットで打ち倒すのだが、めちゃくちゃ難しい。
100回て・・・・私に一生ハントレスをやっとけってことですか?24メートルって遠い。標的が動いている中当てるなんてえげつなさすぎません?
このトロフィーだけクリアできる先が見えてこない超難易度で絶望しています。

アドオンについて。
斧の持てる数が減ってしまいますが、一撃必殺のアドオン「玉虫色の刃」は最強アドオンの1つです。持てる数を増やすために「歩兵のベルト」のアドオンを一緒に付けるのがおすすめ。
このアプデで投擲時間が短くなるアドオンが弱体化してしまいましたが、まだ投擲準備を減らすアドオンは使いやすいため現在もおすすめです。

ヒルビリー(索敵:普通、自力:強い、強いアドオン:トンプソンの密造酒)

チェーンソーは板壊しや移動に便利。直線的に移動するので障害物に当たらないように移動しよう。
サバイバーにチェーンソーを当てる際は、最初は殴れる距離からうつようにすると当てやすいと思います。
アドオンで機動力が上がるのでより当てやすくなります。

ナース(索敵:難しい、自力:すごく強い、強いアドオン:はかない息切れ、キャンベルの最後の一息)

板や障害物を全て無効にできるブリンクはとても強い。でもプレイヤースキルが問われるのでしんどい。
人によってはブリンク後のカメラ動作で酔うかもしれないので注意してください。
初心者はブリンク回数を増やすアドオンを付けたり、ブリンクの位置がわかるアドオンで感覚をつけていった方がストレス溜まらないかも。他のキラーにかまけて全然育てていなかったのでこれから育てようと思います。

-ゲーム攻略レビュー, その他のゲーム
-

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ