6ヶ月から12ヶ月(1歳) 実録子育て

20年の時を超えて進化したお絵かきボード?

赤ちゃん本舗に行ったときのはなしです。

唯一買いたいおもちゃ

商品の値段は他の店と比べると高かったりするのですが、広くて種類が豊富にあるのでぶらぶら見てるだけで購買意欲をそそられます。
おもちゃはスフィアに齧られたりすることを危惧して購入する事は無いのですが、唯一絶対に買おうと決めてるものが1つあります。
それはお絵かきボード
私も小さい頃に愛用していました。
親に沢山描かせて、最終的に嫌がられてボードを隠されたという苦々しい経験があります。
泣きながらボードを返してほしいと訴え続け「使うなら一人で描け」と誓わされて以降、ずっと一人で描いていました。
絵が思うように描けないことに絶望しながらも一生懸命描いていた記憶があります。

ちょっと進化したお絵かきボード

母から聞くと、私が使っていたものは「せんせい」というものらしいです。
赤ちゃん本舗には2種類の「せんせい」が売られていました。

私が小さい頃に愛用していたものは黒一色でしたが、今は赤が加わって2カラーになっていました。
シンプルな「2カラーせんせい」を買おうと手に取ったのですが、母から「描ける様になる頃に新しいのが出るかもしれないから待ったら?」とのことで買うのを控えました。
ただ、20年も前からある「せんせい」なのに一色増えただけの進歩しかしていない事を考えたら、たった数年で新しいのが出る事は無いかもしれませんね。

対象年齢は1歳6ヶ月からなので、その時にナコチにプレゼントしようと思います。
壁など、書いちゃいけないものが分かるようになったら紙とクレヨンを渡そうと思ってます。
私は一人でずっと絵を描いてきたけど、今度の「せんせい」はナコチと一緒に絵が描けるね。
楽しもうねナコチ!
img347

-6ヶ月から12ヶ月(1歳), 実録子育て
-,

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ