ゲーム攻略レビュー その他のゲーム ハムスターを飼う

ハムスター飼育記録Part6~小屋の中に恐ろしい存在が!編~

2016/12/09

今回は、ハムスターのサマンサ飼育記録のPart6です。
巣箱を掃除中に、とある存在に気づいてしまった私・・・。

綺麗好きなサマンサの為に

地下の巣には5つの部屋を設けています。
トイレ、貯蔵庫、巣材を敷き詰めて作られた寝床、そして予備部屋。
私が用途を決めたわけではなく、サマンサ自身が決めたのです。
例えば、寝床なら、寒いこの時期だと2つ作ったりしますし、予備部屋はトイレが汚くなった時使います。

ハムスターはとてもきれい好きな動物なので、トイレで寝たり、あるいは寝室で用を足したりせず、きちんと使い分けるのです。
とはいえ、使い分ける事は出来ても、自分でトイレ掃除は出来ないサマンサ。
当然、私がトイレ掃除する事になります。
掃除の仕方は前に書いたとおり、サマンサが地上に出たときに出入りする穴を塞いで、その隙に地下を開けて掃除します。

掃除で気をつけること

毎日掃除することは、環境が目まぐるしく変わることを意味し、ハムスターにとってはストレスになります。
ニオイもある程度残しておく方が安心できるので、綺麗にしすぎないという所がポイント。
適当に掃除するスボラな私には別段意識する必要もないのですが・・・。
基本的にトイレ掃除は3日に1回の頻度で大丈夫だと思います。

生娘サマンサに悪い虫がつく

まめに掃除するようになってから、とある存在が目にとまるようになりました。
小さい虫、コバエみたいなやつです。
img360
家の中にコバエが湧いたりする事は無かったので気にもとめてなかったのですが、このコバエ、掃除する度に出現します。
地下の巣を開けたと同時に出るのです。
必ず一匹。
掃除はサマンサの身体も考えてすばやく行う為、コバエを気にかけることもなく毎度掃除していました。
掃除終わってから退治してやろうと思っていましたが、掃除し終わってから部屋を見渡して探しても見つけることは出来ませんでした。

サマンサの事ばかり気にかけてコバエに意識を向いてなかったので分からなかったのですが、よくよく観察してみると
コイツ毎回サマンサと一緒に地下巣へ戻っている様子。
しかもこのコバエ、サマンサの背中に乗っていたりと馴れた動きを見せています。
ただの虫じゃないと思い、急に怖くなった。

コバエコバエとは云ってますが、実際コバエなのかもどうかは不明。
写真を撮ろうにもソイツは小さすぎるし、素早すぎて捕らえられない。

毎回そいつを目撃するようになってから、巣箱を開けるのが怖くなってくる。
何故なら開けると必ず奴が出てくるからだ。

怖いなら始末するか・・・?

プ~ンとでてくる奴。
サマンサに危害を及ぼしてるかもしれないし、始末するか。
そう決意して開けて見ると、奴がいない。

そうか、小さい虫の寿命って短いし、きっと死んだんだな・・・と内心ほっとしてサマンサを見ると、背中に乗っていた。
怖っ!!
戻るだけじゃなく出るときも一緒なのかよコイツは!寄生虫か何かなのか?!!

サマンサの上に乗られてしまっては、はたきたくてもはたけない。
ハッサンいわく「サマンサと一緒に暮らしてるだけだよ」なんてのん気な事をいっているが、大家である私が許可したわけではない。
そして何事も無く、今回も一緒に帰宅していった。

虫を救ったとあるゲーム

この出来事は、私にある名作ゲームを思い出させた。
MOTHER2である。
私があまり好んでする事がないRTA(RealTimeAttack)に手をつける程、好きでやり込んだゲームの一つである。

その作品に出てくるブンブーンを思い出した。
実際はもっと大きな虫だとと思うが、人物がドット絵である為、虫にもなるとただの「点」である。
サウンドもコバエの音そのものであるからして非常に不快な音となっている。
こいつがきっかけとなってネスは旅に出るので重要な人物なのだが、すぐに死んでしまう。

そう、こいつだと思えば今居る虫も嫌いじゃない。
そう思う事にした。
どうせ、小さい虫はすぐ死ぬ。害がないなら放置しておこう。

-ゲーム攻略レビュー, その他のゲーム, ハムスターを飼う
-, ,

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ