アニメレビュー

旧アニメ「ハンター×ハンター」全62話を見た感想

2016/09/24

ハンター×ハンターの旧アニメ全62話見ましたので、その感想を。

声優について

クラピカの声を聞いた瞬間、「え!棒読みやん。。。」
けれど、回を重ねるごとにどんどん上手くなっていったその上達ぶりに、続けることの大事さを知りました。

一方、キルアの声は素人っぽさが後半になっても抜けきらず、あんまり変わってなかった気がします。
好みは分かれるでしょうが、生意気な感じは出てたので、私は良いと思いました。

レオリオとゴンの声はキャラクターに合っていますね。
特にゴンは最初から安定して可愛いです。

演出について

戦闘シーンで、結果が分かっていても緊張感が伝わってきた理由は、間のとり方など演出が優れていたからでしょう。
緊張感が伝わって手に汗握りました。

その他

アニメオリジナルのストーリーの、軍艦島の話ですが、ちょっと皆、船の知識詳しすぎ!
あんな短時間でテキパキ行動できるのって凄いですね。
試験官が一人一人に付いてたと想定したとしても竜巻に飲み込まれて助かるの?
協調性をみるにしたってルールも無しにほったらかしはやばいって・・・命の危機やばすぎ・・・ハンター試験怖すぎ。

・・・等色々、突っ込み所はありますが、力入れて作ったんだなぁと分かるので20話だけでも観るのをおすすめします。

46話で、コンタの子供が念使えるようになったのには笑っちゃいました。

原作に追いついてしまうため打ち切りのように終わってしまったのが残念です。
全体的にとても完成度が高いのでまた数年たったら観たいと思う作品です。

今回描いたイラストは、ミトさんがゴンと暮らしていた家です。
新アニメでは何故か樹が無くなっています。

-アニメレビュー

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ