妊娠そして出産

出産と産後の痛みで一番痛かったものを発表

2018/09/25

こんにちは。
リルです。

出産、そして出産後も色々な"痛み"を経験しました。
今回はそんな痛みにまつわる話をお話します。

最後には何が一番痛かったかも発表します。
img199
分娩方法はどれだったの?
まず前提として、今回、私は自然分娩でお産しました。
私がお産した病院では無痛分娩は実施されていませんでした
帝王切開もその必要は無かったです。

どっちの方が痛い?陣痛と分娩。

もちろん個人差はあると思いますが、私個人としては、圧倒的に陣痛の方が痛かったです。
出産は「鼻からスイカを出すくらい痛い」なんて云われますが、全然痛くありませんでした。

そういう意味では、無痛分娩は私にとっては必要なかったですね。
なぜなら、無痛分娩の麻酔注射のタイミングですが、陣痛をある程度終わった後、出産の前に行われるからです。

さて、痛くなかった分娩ですが、実は痛みを強く感じた場面もありました↓

処置中、痛みは他にも色々ある
陣痛や赤ちゃんを産む時以外にも痛みを伴うシーンはあります。

例えば、
・分娩しやすくする為に、チョキンと会陰切開する時
・胎盤などを外に排出する為に、指をグリグリ入れられたりお腹を押されたりする時
・筋肉注射をされた時

などはとても痛く、怒りを覚えるほどでした。

もし分娩で激痛を感じていたら、会陰切開などの痛みを感じれるような余裕は無かったでしょうし、怒りを覚えることもなかったでしょう。
筋肉注射については後々問題が生じましたが、それについては後述します。

怒りも消え去る赤ちゃんとの対面
産んだ直後は感動で涙という感じでも無かったです。
むしろ怒りの気持ちがありました。

どういうことかというと↓
・会陰切開するのかよ!自然分娩なら自分のタイミングで産ませてよ!(結果10分程度で産まれてきました)
・陣痛のときはたまに来る位で何もしないのに、出産のときだけ6人以上集まってきてなんなんだよ!
・赤ちゃんの頭のてっぺんが怪我してる!無理やり外に出したしたせい?

などなど、色々腑に落ちないところが多く、少し怒りの気持ちがありました。

まー、目の前で一生懸命お乳を吸う赤ちゃんを見たら怒りとかすぐどうでも良くなっちゃったんですけどね

むしろ看護師さんには感謝してました。
あまり覚えてませんが看護師さんの手を握ってありがとうって言っていたようです。
(180度違うやんけ。)

何が言いたいかというと、それだけ赤ちゃんの存在は母を般若から聖母にさせる力を持っているということです(*・ω・)ノ

産後も痛みは続く
産後も色々な痛みに襲われました。

出産してすぐ分娩台の上で筋肉注射を左腕に打ったのですが、赤くひび割れた状態になったあと腕が上がらなくなりました。
赤ちゃんを抱く力はあったのですが力が半分も出せない。
指がうまく動かせられない。
と問題ばかり。

結局、原因不明ということで、様子見て症状が改善されなかったら皮膚科か神経科か行くことを推奨されました。

乳首裂傷もひどく母乳を与えるのが毎日辛かったです。

また、出産してから一ヶ月経つ頃まで会陰切開した部分が痛かったです。

いずれにせよ、出産って、とても大変なことで、何かしら体に支障をきたすそうなので焦らず様子見することにしました。

痛みゲージで例えると・・・
陣痛>>>会陰>乳首裂傷>腕の痛み>出産
こんな感じです。陣痛中の内診は特に痛かったです。

そして今は・・・
産後はとにかく色々と痛くて、治るどころかまともに歩けないほど激痛が続きました。

そこで病院に電話した所、分かったことがあります。
施術の際に使用した糸ですが、自然に溶ける糸を使っていたそうで、その糸が溶けるまでは痛みが続くそうです。
「市販に売っているロキソニンSを服用してください」との事だったのでハッサンに買ってきてもらいました。
この薬は法律上、薬剤師の指導の下で購入する必要があります。
薬剤師のいるお店でないと買えなかったので、何件か回って手に入れてくれました。
どうもありがとう(。・ω・)ノ゙

しばらくはあらゆる痛みが続いていましたが、今は何ともなくピンピンしてます。

-妊娠そして出産

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ