夫婦

素人がウケを狙って嘘話をする際の3か条

2017/02/23

素人が下手にウケを狙いにいった時のはなし。

img460
何気ない午後のひと時。
リルが問いかける。
「シマウマって食べたらどんな味がするんだろうねー。」
これはウケを狙いにいけるチャンスだ!と鼻の穴を大きくする芸人かぶれ素人(自分)。
「シマウマなら食べたことあるよー、ふふん。」などと意気揚々に返答する。
他愛も無い質問を投げかけただけのつもりが、まさかの本腰トークの体勢に戸惑うリル。
しかもネタ話なのは明らかなので、顔は否応にも引きつる。

とはいえ、目の前に居る芸人かぶれ素人は以前「二度とウケ狙いの為に嘘をつかない」と贖罪し約束した。
だからリルは彼を信じ、意を決して傾聴の姿勢を見せる。
しかし、そんなリルの決意もむなしく、彼の口からつむぎ出される愚にもつかない出任せの数々。
真実だと信じたくても信じれないほどに、虚構丸出し。
「アフリカに行って食べた。」
「懸賞でアフリカ旅行が当たったんだ。」
「味は、豚肉に近くて、食感はアボカドかなー。」
せめてユーモアの片鱗でも感じられれば幸いだったが、おやおや、1ミリも笑みがこぼれないではないか。
創作センスゼロ。
止めを刺すのは、その芸人かぶれ素人の「どや面白いやろ」と言わんばかりのニヤケ顔で、それがリルの苛立ちを加速させる。
その後、芸人かぶれ素人は話が全て嘘であることを認め、謝罪した。
そしてリルから以下の御宣託を頂く。

  • 嘘話はハードルが高くなることを知れ。
  • 一旦話し始めたのなら嘘を突き通し、相手が笑うまで粘り強く話し続けろ。
  • その根性が無いなら嘘話などするな。

以上。

-夫婦
-,

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ