ゲーム攻略レビュー その他のゲーム ドラゴンクエスト11

ドラクエ11を内容・音楽・ゲーム性など辛口レビュー

 著者:リル

この記事にはドラゴンクエスト11の内容に関するネタバレが含まれています。

製作期間に8年を要した割には期待ハズレ

プラチナトロフィー取得済みです。
結果的にかなり辛口なレビューなりましたので悪しからず。
5段階評価で☆3つという感じです。
悪くはないけど、良くも無い。
これが8年間の集大成だとするなら残念すぎる仕上がりでした。
技術者の量も質も圧倒的に足りなかったのでしょう。

もっともゲームの品質についてはPVを見たときから期待していませんでした。
堀井さんのドラクエがやりたくて買ったのでこれでも甘口評価です。
それでも☆3なのは悪くもないけど良くも無い。
思っていたより良くもない部分が多すぎたという点。

人気タイトルが必ずしも面白くて高品質のゲームであるとは限りません。
2017年の中でも最も売れたゲームの1つになるこの作品は、その事実を証明することになりました。

ドラクエ好きなら楽しめるかも

ライトユーザーあるいはドラクエになじみのある人にとってはおすすめの作品であることには間違いないです。
それ以外の人たちは、他にたくさんあるもっと面白いゲームをプレイするべきでしょう。
時間がもったいないかも。

予定調和なストーリー展開

ストーリーも予想通りで期待を裏切らない。
悪く言うと予想も裏切らない。
予定調和なのです。
ストーリーに合わせるように仲間が配置されていて、元々仲良しであったかのようにスムーズに仲間になってしまうのがツマらない。
ストーリーもストーリーで続きが気になるような内容ではない。

何より酷いのがクリア後の展開

そして何よりクリア後の展開が嫌い。
過去に戻ってやり直すということが嫌い。
もし、過去をやり直すのかあるいは現在のままかを選べるなら、こんなに嫌うこともなかっただろう。
プレイヤーとしては過去に戻らない限り展開が進まないので過去に戻るしかない。
今までのことをなかったことにするのが嫌いですね。
過去に戻るにしてもその動機が弱すぎる。
例えば、仲間が全員死んでるとか、世界が壊滅状態だとか、 そんなんだったら分からなくもないですが。
以下のような出来事が全部無かったことにされてしまいました。

  • シルビアの父との和解
  • グレイグとホメロスのやりとり
  • ベロニカの意志をついで髪を切り決意を新たにするセーニャ
  • 贖罪を済まし妹と和解するカミュ
  • 父と一緒に復興に尽力し希望の兆しをみせるマルティナ
  • 育ての親ペトラも生きていてエマも主人公の帰りを待っている

決して世界は絶望していないのに、この現代を捨てて過去を覆すことが許せない。
ここで私は、Fate/zeroのライダーのセリフを思い出します。 

セイバー「イスカンダル、貴様とて・・・世継ぎを葬られ、築き上げた帝国は三つに引き裂かれて終わったはずだ。その結末に、貴様は、何の悔いもないというのか? 今一度やり直せたら、故国を救う道もあったと・・・そうは思わないのか?」
ライダー「ない 余の決断、余に付き従った臣下たちの生き様の果てに辿り着いた結末であるならば、その滅びは必定だ。痛みもしよう。涙も流そう。だが、決して悔やみはしない。
セイバー「そんな・・・」
ライダー「ましてそれを覆すなど! そんな愚行は、余と共に時代を築いたすべての人間に対する侮辱である!

「世界が救われればそれでいいじゃん」という考えの人は気にならないだろうが、私はこういう展開が嫌いなので、やる気が喪失しました。
このせいで、プラチナまでいっきに進めようと思っていた手を休めてスローペースになりました。

主人公に対する不満がある

のろのろプレイで少し進めたあとにでてくるネルセンの願い事でエマと結婚するという愚行。
主人公よ!自分で告白する勇気も無いなら結婚なんてするな!
正直一緒に行動したわけでも好意的な描写も一切ないので、プレイヤーとしてはただ選択肢が出たところで全く感情移入など出来ない。
そもそもエマちゃんのキャラデザ的にモブ感があって勇者と合ってない。
願いを叶えてもらって、村に帰るとすでに結婚式は終わったあとという設定で村人全員が祝福しているという、おそるべき洗脳。
いつの間にか夫婦になっているなんて、怖すぎる。
歴史改ざんのみならず、村人たちの記憶改ざんまでする暴慢さ。
自分のことしか考えてない勇者なんて、大嫌いです。
せめて仲間のうちの誰かと結婚できる選択肢をくれ。

ロード時間が長い

ルーラしても街の手前くらいからスタートすることになり、一本道を無駄に歩かせられることになります。
おそらく、その間にデータを読み込ませているんでしょう。
この涙ぐましい「臭いものには蓋をする精神」も、露骨すぎて蓋から臭さがはみ出してる感じ。
長すぎるし、処理落ちもする。
最短距離で先まで移動しようものならNow Loading。
イラッ。

そんなに読み込み時間が長くなるような作り込みにはとても思えない。
単純に内部データが同期出来ていない。
技術者の怠慢だ。

異変後、今まで登録していたルーラの場所が全消去

これイラっとしました。
またキャンプしないといけなくなったこともさることながら、 また同じルートを馬で駆けずり回らなくなったのも面倒くさい。
当然、真新しい世界を走るわけもなく、ぶっちゃけ景色だけ汚くなった世界をただ走るわけです。
ルーラできるようになったらさくさく進められちゃうから全消去したんでしょうが、 それは利便性を無くして世界の狭さをごまかしているだけですよね。
やり方が汚い。
普通に考えて同じ場所にキャンプや協会があるならルーラ出来るでしょうが!!!!!
当たり前のように理由なくルーラが全消去されたことに納得いくわけがない。

走るスピードが遅い

あまりにも遅いので移動がだるくならないようにモンスターの乗り物で実用性と速さを補ったのでしょう。
たしかに乗り物は新鮮味があって面白かった。
だけどちょっと待ってください。
乗り物はマップ間を移動できないどころか、通れるはずの所でさえ見えない壁に阻まれ、引き返すことになる。
飛ぶ乗り物だけれど海を渡れるわけでもなく、狭い洞窟内でしか使えない限定ものが多い。
私としては乗り物よりドラクエ8のようなモンスターを仲間にできてバトルも出来る闘技場を用意して欲しかった。

大げさな音楽のせいで8ビットが恋しくなる

ビット時代の音が丁度良い感じだった。
今回はすぎやまこういち氏の音楽の自己主張が強く、ゲームと調和が取れていません。
これまでのドラクエシリーズの曲のオーケストラリメイク版が聴けるのは嬉しいですが、ゲームをする上で毎回曲を聴くことになるプレイヤーにとって耳にやさしい曲が良い。
聴けば聴くほど良くなってくるようなスルメ曲が1つも無い。

とくにガッカリだったのは過去でおじいちゃんと再会する時に流れてくる曲。
最初に流れた時は感動したのに、何かにつけて感動的とされるシーンで曲を毎度流用されます。
そのせいで感動的なシーンが全てチープなものになってしまう。
ああ、感動的なシーンに必ず流れてくる曲ね・・・となってしまう。
興ざめもいいとこである。

たとえばFF10の場合、挿入歌「素敵だね」が流されるのは限られたシーンだけです。
それ以外のシーンで「素敵だね」を流すのはスタッフロールの時くらい。
流したとしても、歌無しのメロディラインを使った別物。

FF12だと「パンネロのテーマ」はパンネロが仲間になる1回しか流れなかったりと、レアな曲があります。

同じスクエニソフトとしてFFを例に挙げましたが、他にも効果的に音楽を使うゲームは沢山あります。
せっかく作った曲だからと多用するのはケチくさいです。

一番の見せ場をプレイヤーの心に残すためにも、曲はその時限りにすべき。
メロディを聴いたときにそのシーンが思い起こされるような感覚が私は好きなのです。

今回、すぎやまこういち氏は感動用の曲を一曲しか用意してなかったんでしょうかね。
("感動用の曲"というのがそもそもどうなんだって話ですが。。。)
それとも、ドラクエ11には印象に残すに値するシーン、オンリーワンの曲を冠するに値するシーンは何一つ無いということなんでしょうか。
それなら残念です。
あと、フィールド音楽では風のせせらぎや川の流れる音的なヒーリング曲をお願いしたかったです。

その他いろいろ不満点

敵の不自然な動き

ターン制バトルにしても敵が毎回背を向けて戻るのが何ともシュール。
バックステップにしろよ。

装備変更がウザイ

装備を変更するたびに1回キャラクターが消えるのがうざい。
見た目が変わるならまだしも、見た目が全く変わらないのに毎度消えるのは何。
こういう粗(あら)がそこかしこにある。

テンポが悪い

ゲームをやればやるほどスピーディなものを求めたくなるのですが、色々遅い。

ジャンプ機能の無意味さ

ジャンプのモーションのダサさもさることながら、岩が登れなかったりと、出来ないことのほうが多くてイライラする。
ゴミにも等しい無意味さ。
出来ないことの方が多いなら無くても良かったのでは?
ジャンプできる!ことによる色んな可能性はありません。
騙されてはいけない。

ボウガンアドベンチャーが面白くない

ボウガンアドベンチャーは攻略本には載っていない的をノーヒントで探すのは骨が折れる作業。
見つけたとしても結局○ボタン押すだけという、ツマらない仕様。
キラキラは一生懸命探さなくても店で手に入るし歩き回るほどの必要性は無い。
どちらもフィールドの作りこみを堪能してほしくて用意したんだろうが、もっと他にやりようはあっただろう。

ボウガンについてはトロフィーにしか関係ないので、ストーリーを進める上でやらなくても良い代物です。
気に入らない人はやらなくても問題ないです。

しかしこのボウガン、○ボタンで近くのモンスターに発射するわけです。
プレイしたら分かると思うけど、宝箱を開けるのも馬のベルを鳴らすのも全て○ボタンだから、一度は間違えてモンスターにボウガンをぶっぱなしたことはあるはず。
せっかちなリルちゃんは、この仕様のせいで何度誤射したことか・・・。
R1とか他のボタンがせっかく用意されてるんだから、そちらに変えて欲しかった。
こんなつまらないゲームが日本の代表ゲームとされているのが悲しい。

良かった点

大作RPGに恥じないボリューム。
時間のかさ増しがしっかりされてるので、やり込むと100時間は軽くいく。
部分的に良かったものは結構ある。
カジノのクオリティが良い。
特にマジスロ。
打ち止めになったり朝並んだりする細かいリアリティも良い。
ただカジノの景品が従来のものと比べると旨みがないので、やり込めなかったのが残念だった。
(アイテムがどれもモンスタードロップなど手軽に手に入るものばかり)

-ゲーム攻略レビュー, その他のゲーム, ドラゴンクエスト11
-, ,

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ