脳科学・心理学

【脳科学】私が実践している、確実に習慣化出来る簡単なコツ【心理学】

2018/06/03

時間が無い人ほど時間を有効に使える

時間がたくさんあるからといって、その時間を有効に使えるかというと、なかなか難しい課題であります。
時間があることが、逆に時間を有効に使えない原因になる場合もあります。
例えば、夏休みの宿題に最終日までなかなか手がつけられないというのも、時間がたくさんあることで起こる現象です。
これはつまり、時間が沢山あることが人のモチベーションを下げてしまっているのです。

社会人でなかなか時間が無いと嘆いている方、あるいは家事に忙しいお母さん方。
実はそういった方々の方が、時間がたくさんある人よりも時間を有効的に効率的に使えることが出来るのです。

今回はそんな多忙な毎日を送る人に向けて、限られた時間を無駄にせずに「習慣化」を行うテクニックを伝授します。

習慣とは脳とって抵抗の無い行動

初めてだったり慣れていないことをする時は前頭葉が使われますが、身についてくると後ろ側にある小脳が使われるようになります。
例えば私たちは「寝る前に歯を磨く」ということに疲れたりしませんよね?
小さい頃から親に習慣づけられたからこそ当たり前に出来るのです。
前頭葉から小脳で行動することが出来れば脳は疲れることなく習慣的に取り入れることが出来ます。

家事においても、毎日毎日同じことを繰り返す事で習慣化し、達人レベルになり、自動化されることでその行動をしている間にも別の事を考えられるようになり、瞬時に次の行動に移せることが出来て時間の短縮につながります。
特に女性は同時並行で物事をこなすことに長けています。

つまり、習慣化するには、毎日続けて行うことが必要なのですが、それは分かっていても、三日坊主になって挫折してしまった人も多いのではないでしょうか?

習慣化が失敗する理由

脳のキャパシティを超えた習慣づけは失敗します。

人間が1つの物事を習慣化するには、約50日かかるという研究結果があります。
脳が慣れていないことをすると疲れてしまいます。
疲れてしまうと、続けられるはずのものも続けられなくなります。
自分のキャパシティに追いついていないから習慣化できないのです。
能力が足りなかったとかではなく脳がそのように出来ているのです。

次に、習慣化を成功させるポイントを2つ紹介します。

習慣化を成功させるポイント

1つずつ習慣化すること

沢山のものを欲張って習慣づけしようとすると、脳のキャパシティをあっという間に超えてしまいます。
結果、何1つ習慣化出来なかったのでは本末転倒です。
必ず1つずつ習慣化していきましょう。

例えば「朝はやく起きる」ということを習慣づけようと思ったら、50日間それだけに集中するということです。
もちろん習慣の内容が簡単だったり、自分が完璧に出来たと思ったら新しい習慣を作ってみるといいでしょう。
沢山のことを習慣化している理想の自分があったとしても、そうなる為には1つずつ着実に身に着けることが必要だということを念頭におきましょう。

失敗したときの保険を用意しておく

挫折しそうになってからどうするか考えるのでは遅いです。
すでに心が折れかかってから考えるのではなく、挫折しそうになった時のことを、予め習慣化を始める前に決めておきましょう。
例えば、朝起きれなかったらその日は早く寝るようにするとか、それをすることで自分が納得できるような事柄を作りましょう。
やめるということをやめること。

私の時間管理術

何時から何時までの予定、臨時に入る仕事、毎日しなきゃいけない仕事、同じ習慣でやることなど。
私も一時期todoリストやスケジュール管理をやっていましたが、挫折しました。
todoリストはそもそもそこに入れてしまっている時点で自動化できていないからダメでした。
特にtodoアプリはいくらでも書けちゃうので作りすぎちゃうのが問題でした。

今はただの小さいメモ帳に書いています。
面積が限られているし、書けたとして六つくらいが限界なので、別にやらなくていいことを書かなくなり必然的に洗練されていきました。

特にスマホでスケジュール管理するのがダメな所

アプリでtodoを作ると、スマホなので簡単にブラウザ開いてインターネットをしたり、メールができてしまう。
どうしても余計なことをしちゃいがちになります。
ゲームやっちゃったりとか・・・。
グーグルのおすすめ記事を見ちゃったりとか・・。

物には機能が一個だけでいい!そうでないとわき道にそれちゃう!
紙でゲームなんて出来ませんよね。
だから私は紙を使っています。

「スマホであろうが、自分の意思で脇道にそれないよう気をつければいいだけじゃん!」と言われれば確かにそうなのですが・・・。
実は心理学では欲望に抗うだけで行動力や集中力が削がれるという研究結果が出ています。
誘惑は目に見えるところに置いてるだけでもアウトで、意志力や精神力を沢山つかってしまうのです。
だから必ず目に見えない所に置いておくということが大切です。

-脳科学・心理学

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ