0ヶ月から6ヶ月 実録子育て

その毛布ちょっと待って!暖めすぎは危ないかも。

2016/10/24

こんにちは、リルです。

生後4ヶ月ほどになるナコチですが、手足のバタバタも激しさを増してきています。
布団も被せても、蹴飛ばしてしまうことも多々あって・・・。

そんなナコチを、私の親が見たら真っ先に毛布をかけるんでしょうけど、私の場合は、ある理由をきっかけに、毛布かけたくない病にかかってしまいました。

ということで今回は、その理由と、今どうしているかについてお話します。

乳幼児突然死症候群のリスク
理由は、赤ちゃんを暖めすぎてしまうと「乳幼児突然死症候群」のリスクが上がるというのを知ってしまったからです。
足先が冷たくても、腰に手を入れて背中が温かければ問題ないそうです。
いつもそれで確認しています。

このことを知ってから、基本的には何も被せず、ロンパース一枚で寝かしています。
生まれた直後と違って、生後しばらくすれば体温調節が出来ますし、赤ちゃんは体温も高めなので、大人よりも一枚分、服が少ない状態が良いです。

それでも「寒かろう・・・」と思ってしまうのが人の心?
この前、実家に遊びに行ったときは、お昼寝するナコチに、母が毛布をかけていました。
しかし、私は黙っておき、そのままにしておきました。

なぜなら、きっと私が普段ナコチに毛布など被せず、着の身着のままでいさせている事実を知ったら、母から色々言われるだろうと思ったからです( ´_ゝ`)

それに毛布一枚くらいなら赤ちゃんもそこまで暑がらないと思います(*・ω・)ノ

ただ私は多少寒いよりは、暑い方が可哀想かなと思い、ギリギリまで薄着で居させる派です。

もちろん、寒い方が可哀想という考え方もあると思います。
お母さんの気持ちに合わせて、やりすぎなければ良いと思います。img249

-0ヶ月から6ヶ月, 実録子育て

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログへ