0ヶ月から6ヶ月 実録子育て

ナコチの適職診断

2016/10/24

夫婦でナコチはどんな風に成長するんだろう・・・と色々話したりします。
どんなに色々考えり教育した所で、親の願いや期待は思うようにならないのが常であり、その見本が私であります。
そうと分かっているだけに想像できるうちにしとくのが幸せと思い、今出来る妄想を夫婦で繰り広げています。
赤ちゃんと犬

dog-baby

変わっていったナコチへの思い

大きくなるにしたがって親の思いや願いが期待になって膨らんでいくものです。
こういう子に育ってほしいとか、果ては将来こういう仕事についてほしいとか。

私の場合はなぜか逆パターンで、妊娠中、最初の頃は優しい子に育って欲しいとか色々考えていましたが
臨月にはもう、ただただ、無事に産まれてくれればそれでいい・・・となっていました。

自分達に何が出来るか

今は何もナコチに求めることは無いです。
今することは、ナコチが幸せになれるサポートをすること。

そういう意味で夫婦でよく話し合うのは、ナコチが潜在能力を発揮できるにはどうすればいいか、といったこと。
長所を伸ばしてあげたいです。
めっちゃ気が早いかもしれないけれど楽しいです。

声優になれそう

以前の記事で、ナコチの声が可愛いということをお知らせしました。
そうです、彼女は悩殺魅惑ボイスを持ったチート声です。

赤ちゃんの地声でこれだけ可愛いのだから「声優に向いている!」なんて言ってます。

大きくなったら女の子も多少声変わりするのかもしれませんが、本人が望むときは具体的に調べたりして声優になれるよう応援しようと思います!

ハッサンも、その仕事に就けとかでない限り 「向いている」と言う分には賛成みたいです。
私自身、ナコチが声優になってほしいというわけじゃなく(むしろ厳しい業界なので不安がある)、ナコチにとって有利な職業は何かという適材適所探しをしています。

きっと大きくなって他にも良いと思った所があれば「you、向いてるよ!」なんて無責任な発言をさらっと言っちゃう親バカなんだと思います。

-0ヶ月から6ヶ月, 実録子育て