0ヶ月から6ヶ月 実録子育て

赤ちゃんをスリムにする2つの秘訣

2020/05/20

こんにちは、リルです。

一般的に赤ちゃんは、3ヶ月目には体重が、産まれた時のおよそ2倍になると言われています。

しかし、3ヶ月目のナコチの体重は今、成長曲線の平均より下にあります。
1日30グラムずつ増えるのが理想のようですが、母乳だけだと難しい。

軽いのも個性なのかも知れないけど、やっぱり心配。
このまま成長曲線から外れたらどうしよう。

・・・という不安もありますが、そこは発想を転換!
身長は平均以上なので、ナコチはスリム体型の子なんだ!と考えることにしました。

であれば、このスリム体型を維持させてあげたい。
ということで、赤ちゃんをスリムにする秘訣を調べてました。

img213

1.母乳の脂肪分を少なくする

母乳に脂肪分が多いと、赤ちゃんの体重は増えやすくなります。

また、おっぱいのタイプよって、母乳に含まれる脂肪分に以下のような差があります。
差し乳(※1)の場合、脂肪分の少ない母乳が出る
溜まり乳(※2)の場合、脂肪分が多いので、和食中心のカロリー控えめな食生活にすると良い
※1 授乳開始してから母乳が生成される為、新鮮で乳腺炎になりにくく、脂肪分も少ない
※2 普段から母乳が生成される。高カロリーのものを食べると詰まりやすくなる


2.活発的な赤ちゃんの運動

よく動けばその分エネルギーを消費します。
あまり動かない子でも、ハイハイをするようになったら体重の重い子もスリムになるようです。

結局は遺伝?
近親者に背の高い人がいると、背の高い子が産まれるように、ビッグサイズの赤ちゃんも、親が赤ちゃんだった頃ビッグサイズだったという事があります。
親御さんがスリムな場合、赤ちゃんもスリムになるのかも?

授乳回数は減らすべき?増やすべき?

体重が少ないからといって、眠る子を起こしてまで、授乳回数増やすべきなのでしょうか?

あるいは

体重が多いからといって、長い時間授乳させないでいるべきなのでしょうか?

自己判断せず、医師の診察による判断を仰ぎましょう。

基本的に成長曲線から外れるまでは様子見で十分だそうです。

-0ヶ月から6ヶ月, 実録子育て