妊娠そして出産

あれもダメこれもダメ!妊婦の食事は制限だらけ。唯一の対処法がある!?

2016/09/15  著者:リル

【過去の記事を掲載しています。】
こんにちはー。
つわりも落ち着き、食欲も戻り体重も増えてきたリルです。
つわりが酷かった時は-4㎏まで落ちてたけど、今は過去最大になって記録も更新中だっ!

さて、食欲が戻ってくると今までつわりで食べられなかったモノが食べたくなりますよね。
しかーし、そこで出てくる制限の数々・・・とほほ。

てなわけで今回は
①妊娠中の食事に関する制限。

唯一の対処法
について紹介します。
中には自分の好物もあって辛かったです。

①食べたい・・・でも食べちゃダメ!私の好物たち。

  1. ネギトロ (マグロなどの赤身魚全般)
    大好物なので食べたかったですが、水銀が胎児の聴力に悪影響を及ぼすらしく、摂取を控えていました。

   2.うなぎ(ビタミンAを多く含む食べ物)
  うなぎやレバーなどに多く含まれるビタミンA
実は、催奇性があるとされ、妊娠初期に多く摂取することは推奨されていません。
うな重食べたかったです。

3.カフェイン含有飲料
私は紅茶や緑茶、ウーロン茶などをよく飲んでいたので、これも辛かったです。
ノンカフェインの紅茶などもあります。
しかし自分には甘すぎてガブガブ飲めずイマイチでした。
子供の色々に悪影響を及ぼすんだとか。

4.生ハム
リステリア菌、トキソプラズマ(寄生虫)が潜んでいる恐れがあり。
胎児に感染した場合、非常に良くないそうです。

食べちゃいけないものが多くて辛いよね。
駄目なもの多すぎてストレス溜まるわ。

ハッサン(夫)は多少なら食べてもいいんじゃない?って後押ししてくれるんだけど、そう言われると我慢したくなる性。
はぁ・・・我慢してる人ん家に寿司デリバリーのチラシいれるのやめてくんないかなマジで。

ストレス溜まりまくりですよね。

はい、お待たせしました。
②唯一にして最強の対処法をご紹介します。
それは・・・↓

我慢せず食べちゃう!

(*・ω・)ノオイッ

いや、致命的にヤバそうな食べ物は我慢します。

何を我慢せず食べたかというと
例えば生卵。
生卵も本当はダメみたいなんだけど、息抜きに、卵かけご飯だけは納豆と混ぜてたまーに食べることにしました。
ただし卵は買ったばかりの新鮮なもの。

あと、体重制限的にはよろしくないハンバーガーなどのファストフード。
最近フライドポテトが無性に食べたくなって、マックのデリバリーをハッサンにお願いするようになった。
偏食が酷くて大変。

要は、たまには自分に甘えてストレスケアをするようにしたってことです。

妊娠期間だけ耐えればいいじゃないのかって?
出産したら好きなもの好きなだけ食べられるじゃないのって?

あまーい!
ノンカフェインのミルクティーくらい甘-い!

出産後は、赤ちゃんは当然お母さんのお乳を吸うわけです。
お乳の中にはお母さんの摂取した養分が含まれますので、母乳で育てる場合は出産後も食事制限があります。


-おまけ-
<産婦人科での診察の報告>
↓左横向き体育座りしてる感じ、左にのびてるのはへその緒?1
痛かった経膣エコーから経腹エコーに診察方法が変わって嬉しい。
ベイビーちゃんが映った最初はしきりに手足動かしてました。
先生が「可愛い」って言ってた。

そのあとはじっとしていたベイビーちゃん。
先生が一通り話終わると、しばらく映像を見つめた後、急に「動いて動いてー!!」と腹にあてた器具をめっちゃ揺さぶってて怖かった。
期待に答えて動かすベイビーちゃん。
満足そうな先生。

動かしてる写真とるもんだからちょっとブレてんだよねこれ↑
もっと鮮明に映ってたのにー。
何で動いてる時に写真とるんでしょうね・・。

あの先生は本当に赤ちゃん好きなんだなって思った。
性別は次回わかるかも?!

-妊娠そして出産

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ