スカイリム

PS4版スカイリム 入れないとこに入れる!?組み合わせて使うべきMODセットを紹介

2016/12/29  著者:リル

今回は、組み合わせて使うと便利で楽しいMODを紹介します。

夜の雰囲気を楽しむMODの組み合わせ

Darkness Falls (Brighter) [PS4]
夜を暗くするMOD。これと似たMODに「Darkness Falls」がありますが、Brighterが無く真っ暗すぎたので私はこっちのMODを使ってます。暗くなるので、たいまつの必要性が増します。このMODを入れた場合のおすすめMODが
Lanterns of Skyrim - Special Edition [PS4]です。
各地にランタンを付けてくれるMOD。暗い夜を暖かい色で照らしてくれます。img385

大ジャンプノーダメージ落下できるMODの組み合わせ

Superhuman Jumping (50X) PS4
めちゃめちゃ高くジャンプできます。
操作をしなければしばらく滞空できるけど、落ちると死んじゃうネタMOD。
建物などの高い場所からジャンプすると、鷹より高く飛べる事ができます。
ためしに近づいてみると、飛んでいる鷹からアイテムが入手できました。
このMODを入れた場合のおすすめMODNo Player Fall Damage (PS4)
落下ダメージを防いでくれるMOD。これでもう大ジャンプし放題!

大ジャンプMODを使って、本来入れないとこに入ってみた

1.サルモール大使館に入る
メインクエストは全く進めていない状態でサルモール大使館へ入ってみました。
このジャンプを使わなくても上手くやれば進入できたりしますが、ジャンプで容易に入れるのでやってみました。
地下を通って脱出すると「外交特権」クエストが発生。
デルフィンが隠し扉の中に閉じた状態で居たので皿バグで進入。
(皿バグについては後述)話しかけて「外交特権」が完了。
次のクエストが始まるかと思いきや、デルフィンが今まで通り宿屋で仕事を初めていたのでクエストを確認すると前の「嵐の前」に戻ってました。
いやー変な事するもんじゃないですね。

2.ソリチュードで皇帝の塔に入る
暗殺ギルドのクエストが発生するかなぁと思って入ってみましたが、中に入ってみても誰も居ませんでした。皿バグを使って奥に入った場合もアイテムは全て盗品扱いじゃなかったので取り放題。

3.ヴァルキハル城に入る
ジャンプで中庭に入ってみたがロードを挟まないと反映されないらしく、何も無いまま海に落下。
バルコニーはマップに更新されましたが、侵入できず。
皿バグで正面から進入するとハルコン卿が正面棒立ち、他のキャラクターとも敵対することなく自由に中を見れる。
アイテムも全て盗品扱いじゃないので取り放題。
貴重なアイテムが豊富にあるので開錠スキルで取ったものを合わせて売れば、かなりのお金が稼げる。

皿バグとは

皿を用いた壁抜け(通称:木の皿バグ)木の皿(長方形で薄く平べったい皿)を持って壁に押し付けることで、壁抜けができるバグ。
木の皿は民家やダンジョンなど、いたるところに配置されているので入手は簡単。
一応、形の似ているものなら他のアイテムでも実行することも可能ではあるが、木の皿が一番手に入りやすく簡単に行える。手順例:ホワイトラン町内正面の門で壁抜けをする場合一人称視点で木の皿を掴む。
平たい面を目の前に持って行き、木の皿を掴んだまま、門の正面に押し付ける。
木の皿を掴みつつ、まっすぐ押しつけながら進む。
できない場合はダッシュしながら進む。
成功すると街からロードを挟むことなく外へ出られる。
いわゆる異空間へ。
異空間には国境の壁が無いので、そのままシロディールやモロウウィンドへ行くことも可能。
白金の塔やレッドマウンテンらしきものを見ることができる。
補足感覚としては、某人気漫画の「とおりぬけフープ」を意識しながらやってみるといいかもしれない。
木の皿は門の前に残されるため、同じ手順で戻りたい場合はもうひとつ皿を用意する必要がある。
木の皿が遠くに飛んで見つけられなくなる場合もあるため、多めに用意しておくといい。
平坦で薄い壁(部屋の仕切りなど)や凹凸のない檻、柵などもこの方法で通り抜けることができる。
厚めの壁はダッシュしながら壁抜けを行うことで成功することもある。(シャウト「旋風の疾走」で代用可)これらのコツをつかめば、メインクエストを無視してサルモール大使館に屋外から侵入することも可能となる。
クエスト受注前の閉鎖されたダンジョンへ強引に入る事もできるため、その後のクエスト進行に不具合が予想される。
使用は自己責任で。

引用https://www38.atwiki.jp/tes5/pages/167.html#id_989ed4ba

-スカイリム

ランキング登録しています。
応援して頂ける方は、よろしければ以下の3つのボタンを1日1クリックして頂けると
ブログ継続の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ