絵を描く

今まで描いてきた無数の絵を捨てる理由

2020/05/20

赤ちゃん用品が増えたことで、部屋が圧迫されつつあります
片付けてはいるものの、物が多すぎて、家のキャパ的に無理が出てきたので、毎日少しずつ物を捨てていこうと思いました。ということで今回は、わたしの整理整頓の話です。

イラストを捨てる

描いてきたものを捨てる

今まで描いていたアイデアや落書きたちはあらかた処分しました。
「描いたやつはとっておけ!」とどっかの誰かのありがたいお言葉に従って、高校くらいから描いたものはほとんどストックしていました。

途中デジタルに移行しつつも、アナログで一枚に時間をかけずに描いたものもストックしていたため、とんでもない量になってました。
たまに振り返ってアイデアやこんなデザイン考えてたなぁとか過去の自分に刺激を受けたりしてモチベーションを維持していました。

ナコチの為に場所確保

捨てちゃうのはもったいないかなと思いましたが、また描けばいいや、と・・・。
代わりにナコチが大きくなって描いた作品は取っておきたいので自分のは捨てることにしました。
だがナコチ用のスペース確保はまだ遠い・・・

実家にも置いてあった大量の紙たち・・・積み上げると私の身長くらいあったと思うその紙。
実家の私の部屋は、今となっては親の物置と化してるので、残しておきたい作品はそちらにちょこっと置かしてもらいました(*・ω・)ノ

捨てる捨てないの基準

ときめきがあるか無いかで捨てるか決めるらしい
また振り返ってみて、ときめかなかったら捨てることにします。

これから、そしてブログは・・・

これから描いていく絵は描いたら即効ゴミ箱行きです。
このブログで描いてる絵も描いたら捨ててるので、このデータだけが思い出の品です

どうやらこのブログは個人で書籍化できるそうなのですが、
ハッサンが「いつかこのブログを本にしてナコチに見せてあげたい」なんて言ってます。
私は恥ずかしくて笑って見せられないので今は考えられないなぁ(´∀`)

-絵を描く